超カンタン!天才的思考術

フリースのように着るように、天才を身につける(2)

天才の思考術は、答えから分かる。

 

 

天才の考えというのは、分からないものです。

一体何を考えているのやら・・・・。

となるのが普通ですね。

 

 

 

でも、でも。

このシリーズを見れば、天才の思考術が簡単に身につきます。

 

今回は、その確信に迫るべく。

天才の思考術の、手がかりとなるものの話です。

 

天才は、答えから分かるという話はしました。

 

この答えという形のままだと、ちょっと説明しにくいです。

なぜなら、

天才は答えを感じているからです。

 

答えを明確にわからなくても、答えにたどり着いていなくても、

生まれつき答えを感じています。

 

答えは最初感じるものなので、説明がしにくいんです。

感じ方は、人それぞれですから。

論理的に、説明がしにくいんです。

 

ですから、答えという表現のままでは、説明がしにくいです。

 

 

論理的な説明がしやすいように、別の言葉に変えます。

その言葉にすることで、天才の思考術の手がかりを掴むことが出来ます。

答えではなく、別の言葉です。

 

その別の言葉というのは何でしょうか?

これは、

「着地点を定める」

です。

 

着地点を定めるというのは、答えを感じるとほぼ同じ意味合いです。

着地点を定める=答えを感じる。

 

なぜそのようになるかは、これから説明しますが、

「着地点を定める」

天才の思考術の手がかりです。

 

 

この着地点を定めるというのが、

天才の思考術を知る上での、重要な手がかりになります。

 

なので、「着地点を定める」というのが、

あまり馴染みがなくても、しっかりと心に留めておいてください。

 

「着地点を定める」というのが、天才の思考を知る第一歩だと分かるようになります。

 

天才の思考術が、簡単に手に入ります。

 

 

 

天才は、答えをなんとなく感じています。

答えでは説明しにくいので、「着地点を定める」に答えを変えました。

 

 

ですが、

着地点を定めるという、この着地点こそ求める答えでもあります。

「ちょっと何言ってるかわからない。」

と、サンドイッチマンの富澤さんになりそうですが・・・・。

 

 

着地点自体は、答えです。

天才は答えから分かると、前述しましたが、

着地点を定めるというのも、最初に行います。

 

着地点が最初に置きます。

天才も、答えが最初です。

着地点を定める場合も、着地点を最初に置きます。

 

 

この最初に置くというのが、とっても大切なんです。

最初に答えがあるのが、天才の思考術ですから。

 

着地点というのも答えで、答えを最初に決めてしまいます。

天才は、答えが最初にありますから。

 

 

少し混乱されているかもしれません。

最初にどうやって、答えを知るのか?

それが分かりませんからね。

 

その疑問は当然でしょう。

天才も、最初から完全に答えがわかっているわけではありません。

あくまで答えを感じているだけです。

 

つまりあいまい。

天才の思考術は、答えから分かってはいますが、その時点では曖昧です。

曖昧でないとしても、論理的な積み上げるものではありません。

 

積み上げるものではないので、飛び地として答えがあります。

答えだけが分かっているので、他の人には説明できない状態なんです。

だから、天才の言うことは分からない訳ですが。

 

 

着地点を定めるというのも、明確な答えではありません。

と言うか、その時には現実的に出来なくても構いません。

出来なくても構わないので、答えを決めてしまう形になります。

 

出来ないことでも、答えを決めてしまうこと自体が、

天才の思考になります。

まるで、答えなど出ていなくても、答えを定めてしまいます。

 

なぜこのようにするかと言えば、逆算です。

答えから決めて、逆算して行く思考だからです。

天才の思考は、答えから定めますが。

それを現実化するには、逆算で積み降ろしていく形になります。

 

 

逆算で積み降ろしていく形を取ることで、天才の思考術の手がかりが分かります。

天才は答えしかないので、一般の人には理解できません。

天才の思考術を理解するために、逆算で積み下ろす作業が必要になります。

 

一般の人は、積み上げて答えにたどり着きます。

天才は、答えから分かります。

一般の人がわかるように、答えを定めて積み下ろす作業が必要になるんです。

 

「着地点を定める」というのは、最初に答えを決める事です。

最初に答えを決めてしまうことで、積み下ろす事が可能になります。

それは、一般人が天才の思考を完全に理解するために必要な、道筋になります。

 

 

天才の思考が完全に理解できれば、あなたも天才的思考が身につきます。

あなたが、天才の思考を身につけるために、

まず答えを定めて、積み降ろしていく作業が必要になります。

 

答えを定めると言うのが、

天才の思考を身につけるための、最初の一歩だと分かります。

 

まず答えを定めて、積み下ろす作業によって、いずれ

天才の思考を身につけられます。

 

少し分かりにくいと思いますが、分からなくても大丈夫です。

次回、

具体的に、着地点を定めて逆算して行く方法を示していきます。

 

それにより、逆算や、積み下ろしの方法がわかります。

 

少しずつですが、天才の思考術も理解できますので安心してください。

続けることで、いつの間にか天才の思考術が使えるようになっています。

 

ですから、続きを楽しみにしておいてください。

 

今回は、「天才の思考術」の手がかりが分かるところまで、お話しさせていただきました。

お読みいただき、ありがとうございました。

-超カンタン!天才的思考術

© 2021 リピーター・カフェ