ヨタ話

自分へのご褒美!パンダはいかがですか?

パンダ

突然ですが、パンダで困っていませんか?

 

 

パンダって困りますよね。

だって、可愛すぎます。

 

だからですね。疲れたときは、パンダでしょう。

パンダがあれば、何でも出来る。

迷わずイケよ、イケば分かるさ!

1.2.3だ~~~~~っ!

 

私、パンダにいつも悩まされているんです。

 

例えばとてもつらい時。

 

そんなときは、いつだってパンダの登場です。

ゴロンゴロンと転がっているだけで、パンダって成立する。

 

そんなパンダになりたい。

いや、なりたくはない。

 

パンダで悩むと言うより、悩んでいる時にパンダが居る。

と言うか、パンダ逃避。

 

現実逃避じゃなくて、パンダ逃避です。

このままパンダ逃避を続けたら、いずれパンダになってしまうのではないか?

 

目の下のくまが、いずれ目の周りすべてが真っ黒になり。

さらには、

食べ物もの、笹ばかり食べるようになり。

 

ゴロンゴロンして過ごす。

 

ちょっと大きくなって、

白いはずの毛が、茶色くなる。

こきたいなパンダ。

 

そんなパンダになれば、世の中のいろんなコトは、ただの現象にすぎない。

 

パンダという名のわたしの悲しみ。

 

今日もまたパンダ逃避。

パンダの白黒って、簡単に言えば、光と影ということですよね。

 

世の中で、一番白黒つけてるのはパンダです。

 

世の中なんて、そんなに白黒はっきりするものではないのに。

パンダだけは、白黒はっきりつけてる。

 

世の中の光と影。

パンダの白と黒。

 

パンダが何者だなんて、誰も考えない。

パンダが社会にとって、どんな役割かなんて誰も考えない。

 

ただただ生きている。

笹を食べている。

 

それで良いのではないか。

白黒はっきりつけてもいいけど、笹だけ食べて生きていく。

 

白黒はつけるが、

どっちも笹だけ食べて生きてる。

裁くものはいない。

 

それがパンダという存在。

 

でも、パンダがあれば、世界が救えます。

 

パンダは、かわいい。

 

かわいいは世界を救います。

 

いろんなことをスルーして、

笹だけ食べて。

ゴロンゴロンしていればいい。

 

 

笹を食べて、ゴロンゴロン。

これが世界を救う方法。

好きな笹を食べて、1年に数日恋をして。

 

 

後の日は、笹を食べてゴロンゴロン。

それで世界は救われる。

 

 

人間を救うのは、神やヒーローや、巨大ロボット。だと、人間だと思っている。

 

ただ、本当に人間を救うのは、パンダなんだ。

パンダって、

笹を食べて、ゴロンゴロンしている。

 

木に登り、木から落ちる。

それでもまた木に登る。

それでまた落ちる。

 

 

吠えたり、噛み付いたりは、めったにしない。

 

 

求めるものが少ないから、平和。

 

すごく平和でというのは、あまり求めないことかもしれない。

そんなパンダが、世界を救ってくれる。

 

人間を救うのは、一見すると怠惰と思えるパンダなのかもしれない。

 

 

笹だけ食べて生きていこうとすれば、贅沢を言わなければ平和なのだ。

 

平和になることが、世界を救うのだ。

みんな、笹を食べればいい。

白黒はつけてもよいが、裁く必要はない。

 

 

合格ラインは徹底的に低くして、ゴロンゴロンする。

 

それでみんな救われる。

パンダの生き方にすれば、世界は救われる。

 

じゃあ、明日から、ずんぐりむっくりで、目の周りを黒く塗ろう。

笹を食べよう。

ゴロンゴロンしよう。

 

これからは、パンダが必要不可欠です。

 

今を生きる現代人。

 

AIの時代には、パンダが不可欠です。

 

だってパンダは、

ゆっくりです。

 

 

細かいことは分かりません。

ただ生きることを選択しています。

なぜならそれがパンダだから。

 

 

人間は、細かいことがわからない。

ただ、生きているだとダメなんでしょうか?

パンダには、なれないんでしょうか?

 

パンダになれば、もっと楽なのに。

 

これからはパンダが不可欠なのに。

 

本当に必要なものは、生きること。

もっさりとしてでも、生きていけばよい。

これから、パンダが不可欠なのは間違いない。

 

AIによって仕事が奪われる。

仕事が奪われても、笹が奪われなければそれで良い。

パンダは、笹があれば生きていける。

 

 

人間は、そこまでパンダと変わらない。

へんなラベルを付けて、分けなければいいだけ。

 

人間は、分けすぎる。

分けて、ダメなものを作りすぎる。

パンダみたく、自分のことだけ考えてゴロンゴロンしていればいい。

 

これからは、そんなパンダが不可欠だ。

 

 

 

 

日々の中で、そんなパンダへの誘惑が私を襲う。

私はパンダになりたい。

 

 

でも、私はパンダには成れない。

笹は固くて、噛み切る顎を持っていない。

笹を消化する、胃袋も持っていない。

 

私はパンダにはなれない。

 

パンダのように、ゴロンゴロンしていれば良いということにはならない。

何かをしないと、人間は許されない。

 

だからこそ、パンダでいたいという誘惑に、私は困らされている。

 

 

なので、

パンダでいていいのは、ある程度結果を出した後だ。

 

パンダになるために、結果を出していく。

苦しくても、めげずに一つずつこなしていく。

それでうまく行ったら、自分にパンダのご褒美を。

 

 

「自分にパンダのご褒美を」

 

 

ゴロンゴロンとして良い日を、たまには作っても良いですよね。

パンダになれる日が、現代人には必要です。

 

-ヨタ話

© 2021 リピーター・カフェ