胸の大きさの違いは、この時期に決定される!

胸の大きさは、

 

思春期の女性ホルモンの分泌で決まる!

 

 

胸の大きさに、一番影響がある時期は思春期です。

 

思春期の頃の女性ホルモンの分泌によって、胸の大きさが決まります。

 

ストレスによって、女性ホルモンが減少するのはやばい!

 

思春期に、ストレスで女性ホルモンが減少すると、

 

貧乳になる!

 

コレはゼッタイではありませんが、思春期の過度のストレスは、貧乳リスクが高まります。

 

そのころ、過度のストレスで女性ホルモンが少なくなると、

 

貧乳になってしまうかもしれません。

 

そもそも女性の胸が大きくなるのは、女性ホルモンの働きによるものです。

 

その女性ホルモンが出なければ、子供のような体になるのも当然です。

 

ですから、思春期に過度のストレスを与えるのはやめましょう。

 

思春期以外で、胸が大きさが決まるのは遺伝?

 

遺伝による胸の大きさへの影響は、

 

30%!

 

胸の大きさは、遺伝で決まるのは30%と言われます。

 

逆に言うと、遺伝以外の要因で胸の大きさへの影響は70%もあります。

 

その70%を大きく締めるのが、思春期の女性ホルモンの分泌です。

 

ただ、それだけではありません。

 

思春期が終わって、おとなになってからでも胸の大きさは変わります。

 

貧乳でも妊娠すれば、巨乳になります。

 

つまり、ゼッタイ貧乳のままではないのです。

 

ストレスで、ホルモンの分泌が変化するように、

 

食べ物や、生活習慣、ストレスの状態で、

 

女性ホルモンをたくさん出すことも可能なはずです。

 

胸にとっても、あなたにとっても健康的な状態によっても、

 

胸は大きくなるのです。

 

まとめると、

 

胸の大きさは思春期の女性ホルモンの影響で決まる。

 

でも、それ以外の要因でも、胸の大きさは変化する!

 

というのを、このページのまとめとします!