5月 行事・イベント

母の日プレゼント。実用的なものを求める50代母には、これが最適!

母の日

 

「母の日のプレゼント、今年は何にしようか?」

 

 

それって、毎年悩まされることじゃないですか。

 

 

しかも、お花とかお菓子とか、ありきたりのものじゃつまらないし。

 

かと言って、

好みもあるから、こっちからのお仕着せのプレゼントもしたくない。

 

 

 

 

 

だから、

なにか実用的な、良いものをプレゼントしたいのだけれども。

 

 

 

母の日に、どんな実用的なプレゼントしたら良いんだろう?

 

母の日プレゼント。実用的なものを求める50代の母に、あげるべきものは?

プレゼントあげても、あんまり喜ばれない。

 

 

 

 

そんな事になったら、すごい悲しいですよね。

 

 

お花や、お菓子を渡しても喜ばれない。

化粧品やバスボムを、かわいいリボンをつけても喜ばれない。

 

 

 

 

 

お母さん、まだ若いけど。
かわいいものは、あまり好きじゃないみたい。

 

 

 

 

 

 

 

こんな時、何をプレゼントするべきか?

それってすごい悩んじゃいます。

 

 

 

 

 

実は、そんなお母さんには、消え物が無難です。

食べたらなくなってしまうもの、

 

 

 

 

 

例えば、「うなぎ」や「カニ」などのお取り寄せ。

これらだったら、消えてなくなるので、

もらう側の負担が少ないです。

 

ね、消え物がやっぱり無難ですよね。

 

 

 

 

 

あ~。

それでも喜ばないで、負担に感じちゃうお母さんがいるのも事実。

それ言われちゃうと、困ります。

 

 

 

 

 

そんなお母さんには、どんなものをプレゼントすれば良いのか?

母の日のプレゼント。花以外で50代の母が喜ぶものとは?

お花をあげても、あんまり喜んでくれないお母さん。

 

 

 

そんなお母さんには、

どんな贈り物をしたら良いのか?

 

そんなお母さんには、感謝の言葉を贈りましょう。

 

 

 

 

そもそも、母の日というのは感謝を贈るものであって、
プレゼント贈る日ではありません。

そう考えれば、プレゼントを贈って喜んでもらおうということ自体、少しずれているんです。

 

とくに物を贈っても、あまり喜ばないお母さんならば、

感謝の言葉を、手紙や動画のメッセージにして贈るのも良いでしょう。

今なら、LINEで動画も送れます。

 

日頃からの感謝を伝えることが、何よりです。

 

とはいえ、何かをあげたい。
そう思うかもしれません。

であるならば、肩もみや全身のマッサージをしてあげてはどうでしょうか?

マッサージの時、大切なのは会話です。
何でも良いので、おしゃべりしながらマッサージしてあげてください。
日頃の苦労をねぎらいながら、マッサージするわけです。

 

これなら、お母さんも負担に感じませんし。
プレゼントとして喜んでもらえます。

 

もしお孫さんがいたら、お孫さんと一緒に遊びに行くだけでもプレゼントです。
特別な物は要りません。

お孫さんは、おばあちゃんにとってはそれだけで特別です。
とくに、お花などを喜ばない人なら、なおさら孫の顔を見せてあげてください。

 

それだけで、充分プレゼントになります。

あまり堅苦しく考えないで、感謝を伝えるのがポイントになります。

 

お花で心が豊かにならなくても、感謝の言葉一つで充分心は豊かになりますよ。

母の日のプレゼントは、安いものほど良い理由とは?

結局ね。受け取る側は、負担に感じちゃうんです。

 

プレゼントはありがたいけど、気持ちだけで充分。

物をもらってしまうと、すごく負担なんです。

 

ですから、母の日のプレゼントは安ければ安いほど良い。

というのは、言い過ぎですが・・・・。

少なくとも、

お金をかければ良いというモノでは、ありません。

お金をかけない方が、負担は少なくて済みます。

 

もっと言えば、逆にしてもらうことがプレゼントになったりします。

どういうことかと言えば、

お母さんに、何かを教えてもらうことです。

お母さんに習うことです。

 

 

人に教えるというは、案外気持ちの良いものです。

自分がとても「役に立っている」という気持ちになります。

 

これは、意外と見落としがちなプレゼントと言えるかもしれません。

 

「母親に教えてもらって、気持ちよくなってもらう。」

いかがですか?

 

とくに実質的なものを好むお母さんには、ピッタリな筈です。

教えてもらうだけなら、一切負担にもなりませんし。
「また教えてね」と言って、頼ってしまう。

人に頼られるって、すごく気持ちがいいんです。

なので、
その気持ちよさを、お母さんにプレゼントするのは、理にかなっています。

 

母の日は、お金を1円も使わなくても、プレゼントできるものはあります。

逆にそれを、喜ぶお母さんが居ることも忘れないでください。

まとめ

母の日のプレゼント。

 

考え出すと難しいけど、あくまで感謝を伝える日だということを忘れないでください。

 

ありきたりなプレゼントじゃ喜ばないお母さんはいます。

プレゼントを、負担に感じてしまうお母さんはいます。

 

であるなら、

  1. 食べたらなくなる、お取り寄せのカニなどを一緒に味わう。
  2. 感謝の言葉や、メッセージを送る。
  3. 孫の顔を見せに行く。
  4. おしゃべりしながら、マッサージをして感謝を伝える。
  5. 教えてもらって、頼ってしまう。

こんなプレゼントなら、負担に感じることなく、喜んでもらえるはずです。

 

 

絶対の正解はありませんが、少しでもヒントになったら嬉しいです。

プレゼントという、ものにこだわることなく。

あくまで感謝の気持だということを忘れずに、

母の日を過ごしてください。

 

 

そして母の日だけでなく、いつでも感謝することも大切です。

「お母さん、いつもありがとう。」

それが一番大事!ですよね♪

-5月, 行事・イベント
-, ,